2013年12月23日月曜日

本年秋の紫綬褒章受章・文化功労者顕彰 [受賞/表彰] (広報室)

20:57
本年秋の紫綬褒章受章・文化功労者顕彰 [受賞/表彰] (広報室)

難波成任 教授(大学院農学生命科学研究科)、今井浩三 特任教授(医科学研究所)、喜連川優 教授(生産技術研究所)が、本年秋の紫綬褒章を受章いたしました。 また、廣川信隆 特任教授(大学院医学系研究科)、久保田淳 名誉教授(大学院人文社会系研究科)、山岸俊男 特任教授(大学... 続きを読む »

2012年12月26日水曜日

東日本大震災 被災5県の584高等学校に 『早稲田大学ブックレット《「震災後」に考える》』既刊26冊を寄贈

12:24
東日本大震災 被災5県の584高等学校に 『早稲田大学ブックレット《「震災後」に考える》』既刊26冊を寄贈

2012/12/21 このたび、早稲田大学東日本大震災復興支援室(室長:鎌田薫総長)では、『早稲田大学ブックレット《「震災後」に考える》』(東日本大震災の被災地域復興支援のために、主として本学学生・教職員によって行われてきた様々な研究・支援プロジェクトを通じて得た... 続きを読む »

2011年2月28日月曜日

フラスコで簡単に合成できるナノチューブの作製に世界で初めて成功 -パーツの組み換えで性質のコントロールが可能な新材料の開発【京都大学】

22:15
フラスコで簡単に合成できるナノチューブの作製に世界で初めて成功 -パーツの組み換えで性質のコントロールが可能な新材料の開発【京都大学】

京都大学(松本紘 総長)の研究グループは、財団法人高輝度光科学研究センター(以下JASRI)との共同研究により、選択的な分子の取り込みが可能な半導体ナノチューブを作製することに成功しました。これは、北川宏 理学研究科教授および大坪主弥 同研究員らによる研究成果です。 ... 続きを読む »

2010年9月10日金曜日

現役大学生初の快挙! 教育学部の広瀬章人さんが将棋7大タイトルの『王位』を獲得(2010年9月3日)【早稲田大学】

11:32
現役大学生初の快挙! 教育学部の広瀬章人さんが将棋7大タイトルの『王位』を獲得(2010年9月3日)【早稲田大学】

 将棋のタイトル戦・第51期王位戦(七番勝負)の第6局が9月1、2日、神奈川県秦野市で行われ、挑戦者の広瀬章人六段が深浦康市王位を破り、タイトルを奪取しました。広瀬さんは教育学部数学科に在学中で、現役大学生が将棋の7大タイトルを獲得するのは初の快挙です。  広瀬さんは... 続きを読む »

2010年4月25日日曜日

スタンフォード大学SCTIと「イノベーション・ダイアローグ2010」を開催しました。(2010年4月16日)【京都大学】

22:20
スタンフォード大学SCTIと「イノベーション・ダイアローグ2010」を開催しました。(2010年4月16日)【京都大学】

ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL)とスタンフォード大学技術革新センター(SCTI)は、VBLにおいて、「イノベーション・ダイアローグ2010」を開催しました。   2006年からイノベーション教育、イノベーター育成、そしてイノベーション・テクノロジー展開等の... 続きを読む »

2010年2月3日水曜日

ジョン・V・ルース駐日米国大使が講演会を開催【早稲田大学】

12:58
ジョン・V・ルース駐日米国大使が講演会を開催【早稲田大学】

1月29日、ジョン・V・ルース駐日米国大使が国際会議場・井深大記念ホールで講演し、日米同盟は平和の礎であると語り、「東アジアにおいて半世紀にわたり平和をもたらしてきた事実を誇りに思っていい」と日米関係の重要性を強調しました。  早稲田大学は、半世紀以上にわたり米国の高等... 続きを読む »

2009年11月22日日曜日

国際交流会館修学院本館入居者懇親会を開催しました。【京都大学】

0:04
国際交流会館修学院本館入居者懇親会を開催しました。【京都大学】

 国際交流会館修学院本館で、松本紘 総長を迎え、修学院本館入居者の懇親会を開催しました。  この懇親会は、会館主事の主催によるもので、入居中の外国人研究者や留学生に加え、地元の山端自治会関係者、修学院小学校の先生方、日頃会館で映写会や日本語教室等、文化交流のボランティ... 続きを読む »

ロバート・D・ホーマッツ米国務次官(経済・エネルギー・農業担当)講演会を開催【早稲田大学】

0:00
ロバート・D・ホーマッツ米国務次官(経済・エネルギー・農業担当)講演会を開催【早稲田大学】

 11月16日、米経済・エネルギー・農業 担当国務次官のロバート・D・ホーマッツ氏が大隈小講堂で講演し、学生を前に、「日米の新たな関係を築く学生と対話することは、二国のパートナーシップに とって重要。日米間には解決すべき問題もあるが、前進していけると信じている」と語りまし... 続きを読む »

2009年9月15日火曜日

九州大学とオーストラリアの研究者が褐炭有効利用についての共同研究を開始【九州大学】

23:08
九州大学とオーストラリアの研究者が褐炭有効利用についての共同研究を開始【九州大学】

概 要 九州大学は、未だ効率的には利用されておらず、長期的に有望な資源と期待される褐炭の高度利用が、わが国の将来のエネルギー戦略にとって極めて重要と考え て、オーストラリア・ビクトリア州政府、ならびに、モナシュ大学、メルボルン大学と共同基盤研究を開始することになりました... 続きを読む »

 
Toggle Footer
Top