2009年7月3日金曜日
0 コメント

シンポジウム 環境と経済「二重の危機」への挑戦【北海道大学 09/06/29】

21:51
―東アジアにおけるグリーン・ニューディール政策の検討―の開催について

開催概要:
昨年来の,世界金融経済危機とともに,地球温暖化,生物多様性の危機への対応が求められています。これに対して,アメリカのオバマ大統領は,「グリーン・ニューディール政策」を提起して
いますが,東アジアにおいても,中国をはじめ,韓国など対応した政策がとられ始めています。
そこで,この環境と経済の「二重の危機」への挑戦について,東アジア各国の環境経済学者が比較検討する国際シンポジウムを開催するものです。

●基調報告:吉田文和(北海道大学)

●報 告:日本 植田和弘(京都大学),寺西俊一(一橋大学)
中国 馬中(中国人民大学),宋国君(中国人民大学)
台湾 粛代基(中華経済研究院)
韓国 金一中(東国大学)

●パネルディスカッション
日程:平成21 年7 月18 日(土)13:30~18:00
場所:北海道大学 クラーク会館講堂 (札幌市北区北8 西8)
主催:北海道大学公共政策大学院 共催:東アジア環境経済資源学会準備委員会
参加対象: 一般の方
参加費:無料
言語:日本語,英語(概要通訳あり)
事前申し込み:不要

ホームページ:(トップページ)http://www.hops.hokudai.ac.jp/
(チラシ)http://www.hops.hokudai.ac.jp/data/s20090718.pdf

注意事項:
北海道大学構内には,車で乗り入れできません。バス・地下鉄等の公共交通機関のご利用をお願いします。

0 コメント:

コメントを投稿

 
Toggle Footer
Top