2009年8月22日土曜日
0 コメント

山田教授研究グループが国内初の異種膵島移植に成功【鹿児島大学】

1:23
糖尿病患者の移植治療への足がかり
~糖尿病サルへの異種ブタ膵島移植による2か月間の正常血糖の維持達成~

 鹿児島大学フロンティアサイエンス研究推進センターの山田和彦教授(臓器置換・異種移植外科学分野)の研究グループは、自己膵臓全摘出によりインシュリ ン依存性の糖尿病を誘発した高血糖糖尿病のカニクイザルにブタ異種膵島移植手術を行い、術後58日間正常血糖値を維持することに国内で初めて成功しまし た。

 今回の山田研究室の成果は、10月にイタリア・ベニスで開催される国際膵臓・膵島移植&異種移植合同総会(Joint Meeting IPITA-IXA 2009)で山田教授が発表する予定です。

0 コメント:

コメントを投稿

 
Toggle Footer
Top