2009年9月15日火曜日
0 コメント

第111回(平成21年秋季)東京大学公開講座 「水」 -その文化と科学-【東京大学】

22:21
開講にあたって
企画委員会
委員長山形俊男
(東京大学大学院理学系研究科長)
 

 太陽系の第三惑星―地球―。もし、地球に水が存在しなかったら・・・。海は無く、原始生命も発生せず、水循環に代表される生命圏と地球圏との物質循環も起きなかったはずです。したがって、人類が進化することもなく、その活動の基盤となった地球環境も形成されなかったでしょう。人類は今や生命圏の枠を越えて、人工物を含む人間圏ともいうべき世界を生み出すに至りましたが、私たちが直面している地球環境問題はこの人間圏と地球圏の間に持続可能な物質循環の道筋をつけることと言ってもよいでしょう。古代ギリシャの七賢人の一人であり、最初の自然哲学者とされるターレスは「万物の根源は水である」という有名な言葉を残しました。二千数百年の歴史を経た現在、私たちがこの言葉の持つ意味を考えるのは大変意味のあることだと思います。
 水は酸素と水素から構成される簡単な構造をしていますが、その化学的性質は複雑であり、効果的な溶媒として地球圏においても生命圏においても極めてユニークな役割を果たしています。水の科学は理学的にも工学的にも最先端をゆくトピックです。生命体の維持に不可欠な水は、当然、人が生きるためにも不可欠です。安全な水の確保と健康の維持の問題は私たちが抱える最も身近なテーマであるといえるでしょう。一方で、水の確保は国内においても国際社会においても紛争の原因になってきました。水と政治・経済という視点から歴史、人間関係、国際関係を考えるのは極めて今日的な問題です。社会・経済活動の中でも農業は水循環変動の影響を最も受けやすい分野ですが、この水循環変動の原因となる気候変動に適応するための科学技術は、地球温暖化の進行に伴って、ますますその必要性が高まっています。地球は水惑星とも呼ばれますが、それは潜熱の吸収、放出を伴いながら、水が気相、液相、固相の間を自在に行き来できる惑星条件下にあるからです。水蒸気となり、雲となり、雨となり、時には氷となって岩を砕き、川となり、海に流れ込む水。時に穏やかで、時に荒れ狂う水の諸相とそれが織りなす風景の下で世界各地にユニークな社会と文化が育くまれてきました。
 本講座では様々な視点から水を対象とした最先端の研究を集約し、総合的に水の文化と科学を考えてみたいと思います。

開催日時・サブテーマ


10月10日(土)13:30~16:55
水と科学

10月17日(土)13:30~16:40
水と政治・経済

10月24日(土)13:30~16:40
水と文学

10月31日(土)13:30~16:40
水と社会

11月7日(土)13:30~17:20
水と生命・環境

※講師等の詳細はパンフレット(PDFファイル)をご覧ください。

対象
成人一般・大学生・高校生

場所
東京大学安田講堂 〔本郷キャンパス〕
受講料


全講義(5日間)一括申込:4,000円  
選択申込:1日につき1,000円
※高校生および東京大学の学生は無料
※東京大学の教職員は半額
お申込み方法


■ホームページからの申し込み

 以下のURLよりお申込み下さい。
 https://www.umcnavi.jp/u-tokyo/111index.asp

■郵送・FAXでの申し込みの場合

  120円切手・返信用のA4判封筒を同封し、パンフレット・申込書を下記住所までご請求のうえお申し込みください。

〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学本部広報グループ内 財団法人 東京大学綜合研究会

(※ご記入いただいた情報は、個人情報に関する法律に基づき管理し、公開講座・講演会以外の目的には使用しません。)


<高校生、東大生は、以上で申し込み完了です。当日学生証をお持ち下さい。>

お支払い方法
(高校生、東京大学の学生以外の方)


1.受講券と一体となった払込用紙を、ご記入いただいた住所に郵送します。
(申し込みから1~2週間程度でお手元に届きます。)

2.お手元に届いた払込用紙を使って、お近くのコンビニまたは郵便局で受講料をお支払いください。
 (講義日の2日前までにお支払いください。)

3.当日は、払込用紙の受領書を「受講券」の裏に貼り付けて、会場へ持参してください。
 ※紛失など不都合がある場合は、当日受付(ヘルプデスク)にお申し出ください。

【PR】中野 賃貸

0 コメント:

コメントを投稿

 
Toggle Footer
Top