2009年9月15日火曜日
0 コメント

北海道大学スラブ研究センターグローバルCOEプログラム「境界研究の拠点形成」に係る研究拠点の発足および土曜市民セミナー「シリーズ 知られざる北の国境」の開催について【北海道大学】

22:57
PRESS RELEASE (2009/9/7)
北海道大学総務部広報課
〒060-0808 札幌市北区北8 条西5 丁目
TEL 011-706-2610 FAX 011-706-4870
E-mail: kouhou@jimu.hokudai.ac.jp
URL: http://www.hokudai.ac.jp
北海道大学スラブ研究センターグローバルCOEプログラム
「境界研究の拠点形成」に係る研究拠点の発足および土曜市民セミナー
「シリーズ 知られざる北の国境」の開催について(お知らせ)
概要:
スラブ研究センターでは,本年度採択された文部科学省グローバルCOE プログラム「境界研究の拠点形成」(拠点リーダー岩下明裕教授)の本格的な研究拠点を10月1日に発足させます。本プログラムは,日本では個別研究として未組織のまま進められている境界事象にかかわる研究(ボーダースタディーズ)を北海道という地の利を活かし,スラブ・ユーラシア地域を中心とした研究蓄積及び人文・社会系の広域・比較にかかわる教育研究の知的インフラに糾合し,総合的な学問複合領域の拠点を立ち上げることを目的としています。

本プログラムを推進することで,本学を中心とした境界研究ネットワーク(国境学会)を国内で立ち上げ,日本におけるボーダースタディーズを発展させるとともに教育と研究の枠組みをつくり,本研究拠点と研究ネットワークを基礎に次世代研究者及び実務家の養成・教育を行うものです。また,本学総合博物館内に世界のボーダースタディーズのコンテンツを社会に還元するための常設コーナーを設けて境界研究にかかわる発信と実習の場として活用していきます。本プログラム拠点発足にあたり本学総合博物館と共催で,「知られざる北の国境」をテーマとして,5回シリーズで土曜市民セミナーを毎月第一土曜日に開催いたします。また,これに併せ午後1時から総合博物館2階の展示コーナーもオープンいたします。

土曜市民セミナー概要:

日程:第1 回 2009 年10 月3 日(土)午後1 時30 分~「ボーダースタディーズと『北の国境』」

講師:グローバルCOE 拠点リーダー スラブ研究センター教授 岩下 明裕

場所:北海道大学総合博物館1 階「知の交流」コーナー(札幌市北区北10西8)
札幌駅北口より徒歩15分

主催:北海道大学総合博物館,北海道大学スラブ研究センター

参加対象・募集人数:一般・各回60名

参加費: 入場無料

申し込み期間・方法:事前申込不要。初回のみ当日午前10 時より博物館玄関ホールにて整理券配布。

0 コメント:

コメントを投稿

 
Toggle Footer
Top